【10月最新版】おトクまとめ

売れる構成を作るためのアフィリエイトサイト設計のやり方7つ

ウェブサイトアフィリエイト
PR

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

このブログでは、アフィリエイトブログのコツを解説しています。

アフィリエイトブログを始めようと思っています。
サイト設計の方法を教えてください

以上のような、アフィリエイトブログに関する質問にお答えします。

この記事の内容
  • アフィリエイトサイト設計の手順7つ
  • アフィリエイトサイト設計のコツ3つ
  • アフィリエイトで商品を売るための考え方3つ

本記事では、アフィリエイトサイトの設計手順を解説しています。

アフィリエイトでは、サイト設計が重要です。

構成を丁寧に考えたサイトでは圧倒的に商品が売れやすくなります。

「アフィリエイトで稼ぎたい」という人は、是非この記事のやり方を参考にしてみてください。

PR

アフィリエイトサイト設計の手順7つ

ステップ

詳しく解説します。

1. サイトの方向性を決める

まずは、サイトの大まかな方向性を決めましょう。

サイトの方向性
  • ジャンルは?
  • コンセプトは?
  • ターゲットは誰か?
  • どんな商品を扱うか?

など、ざっくりとした枠を設定します。

ジャンル選びについては、以下の記事を参考にしてみてください。

2. 商品を選別する

サイトの方向性が決まったら、アフィリエイト商品を選別します。

アフィリエイト商品は、下記のような基準で選びましょう。

アフィリエイト商品を選ぶ基準
  • サイトのコンセプトと一致している
  • ターゲットの悩みを解決できる
  • 信頼があり売れやすい
  • 成約率が高い
  • 報酬が高い

「売れる商品」ありきでサイト設計することが重要なので、以下のASPからじっくり時間をかけて選別してください。

初心者向け 登録必須ASP
  1. もしもアフィリエイト(※登録審査なし)
  2. アクセストレード
  3. Smart-C(※高単価アプリ案件多数)
  4. afb(アフィビー)
  5. バリューコマース
  6. A8.net

また、アフィリエイト商品の選び方、下記をご覧ください。

3. キーワードを選ぶ

次にサイト設計の軸となる「検索キーワード」を選びましょう。

検索キーワードには読者の悩みが反映されているので「求められるコンテンツは何か?」をイメージしやすくなります。

キーワード選定でアフィリエイトサイトの詳細が決まるので、じっくり時間をかけて考えてください。

キーワード選定方法と効果については、以下で紹介しています。

4. 集客用キーワードを設定する

アフィリエイトサイト全体の90%を、集客記事(PV集めに特化した記事)で構成します。

まずは3つ以上の単語でできていて、検索数が少ないキーワードを選びましょう。

このようなロングテールキーワードで、記事を書いていきます。

集客記事の書き方にはコツがあるので、下記を参考に作業してみてください。

5. 収益化用キーワードを設定する

アフィリエイトサイトの残り10%は、収益化記事(商品を購入してもらう記事)で構成します。

具体的には、

収益化用キーワードの例
  • ○○ 比較
  • ○○ レビュー
  • ○○ おすすめ
  • ○○ ランキング
  • ○○ 申し込み手順

このように商品リンクがクリックされやすいコンテンツを作っていきましょう。

収益記事では「売るためのテクニック」を活用して、アフィリエイト売り上げを発生させてください。

購入までの流れを考える

集客記事と収益化記事を用意できたら「購入までの流れ」を考えます。

基本的には下記のような流れになります。

購入までの流れ
  • 「集客記事」に読者が集まる
  • 「収益化記事」に読み進んで商品を購入する

さらに細分化してみましょう。

購入までの具体的な流れ
  • 「ランキング記事」で1位の商品が気になる
  • 「比較記事」で1位と2位の違いを比べる
  • 「詳細記事」で人気商品のメリットデメリットを知る
  • 「レビュー記事」でユーザーの声をチェックする
  • 「購入記事」で購入する

読者が購入してくれるとイメージできると思います。

必ずしもイメージ通りにはなりませんが、読者がどのような経路を辿っても購入記事にたどり着くように、柔軟に内部リンクを張り巡らせることが大切です。

7. トップページを構成する

最後に、アフィリエイトサイトのトップページを構成します。

トップページでは、3クリックで全ての記事にたどり着けるように記事を配置してください。

具体的には、下記のようにすることで読者の利便性が大幅にアップします。

サイトの回遊性を高める方法
  • メニューを作る
  • まとめ記事を作る
  • 関連記事を表示する
  • おすすめ記事を表示する
  • パンくずリストを表示する
  • カテゴリ、タグページを設定する

読んでほしい記事をしっかり提示して、読者が自ら回遊してくれる仕組みを作りましょう。

以上が、アフィリエイトサイトを設計する手順7つです。

アフィリエイトサイト設計のコツ3つ

サイトの設計

アフィリエイトサイト設計のコツはこちらです。

1. 全体で30~50記事を目指す

アフィリエイトサイトは、1ジャンル30~50記事で構成します。

全体像としては、

  • 集客記事:30~50記事
  • 収益化記事:3~5記事

という規模感で設計して、必要に応じて拡大していきましょう。

2. 収益化記事を目立たせる

アフィリエイトサイトでは、収益化記事をできるだけ目立つ場所に配置しましょう。

具体例として下記のような方法が効果的です。

  • 人気記事として表示する
  • サイドバーに常に表示する
  • すべての記事から内部リンクを貼る

サイト設計の目的は「収益化記事で売り上げを作ること」なので、できるだけ表示回数を増やしてください。

3. 内部リンクを充実させる

アフィリエイトサイトでは、内部リンクを充実させましょう。

内部リンクには下記のようなSEO効果があります。

  • Googleから評価されやすくなる
  • リンクを受けたページの評価が上がる
  • 読者の滞在時間を伸ばせる

記事同士の相乗効果も生まれるので、サイト内のすべてのコンテンツを繋いでください。

内部リンクの貼り方は以下で解説しています。

以上が、アフィリエイトサイト設計のコツ3つです。

アフィリエイトで商品を売るための考え方3つ

ゴール

アフィリエイトで商品を売るための重要な考え方は、以下の3つです。

  1. PV:ページのアクセス数
  2. CTR:アフィリエイト広告のクリック率
  3. CVR:商品の購入率

この3つの掛け合わせで「どれだけ商品が売れていくか?」が決定します。

例えば1000PV・CTR10%・CVR10%の場合、

  • PV(ページを読む人):1000人
  • CTR(広告をクリックする人):100人
  • CVR(商品を購入する人):10人

というように、ページを見た1000人のうち10人が商品を購入してくれる計算になりますね。

つまり、PV・CTR・CVRの3つを最大化すれば、アフィリエイト売上が伸びるということです。

そこでまずは、この3要素を伸ばす方法を解説していきます。

1. PVを増やす方法

アフィリエイトサイトでPVを増やすには、以下の2つの方法が効果的です。

  • SEOで集客する
  • SNSで集客する

とくに、SEOで検索上位を獲得すれば安定的にPVが増えるので、まずはSEOに取り組みましょう。

詳しいノウハウは、以下の記事で解説しています。

2. CTRを増やす方法

アフィリエイト広告のクリック率を増やすためには、以下の2つの対策が効果的です。

  • 商品を売るためのセールスライティングを使う
  • アフィリエイトリンクの貼り方を工夫する

まず、文章次第でクリック率は大幅に上がるので、セールスライティングの技術を磨きましょう。

3. CVRを増やす方法

アフィリエイト商品の購入率を増やすには、商品の質が重要です。

具体的に、

  • ランディングページの質が高い
  • 認知度、信頼性が高い
  • 成果条件のハードルが低い

のような商品やサービスを選ぶと、購入されやすくなります。

商品次第で売上が大きく変わるので、じっくりと商品を探しましょう。

以上が、アフィリエイトサイト設計に必須の3要素です。

少々複雑かと思いますが、サイト設計+PV・CTR・CVRの視点を組み合わせつつ、売上を伸ばしていきましょう。

サイト設計でアフィリエイト収益を増やそう

収益

この記事では、アフィリエイトのサイト設計のやり方を解説しました。

アフィリエイトでは、購入されやすい設計を作ることで、収益を大幅に伸ばせます。

最初から100%の完成度を目指すのは難しいですが、試行錯誤しつつ売上をアップさせましょう。

コメント