【10月最新版】おトクまとめ

ブログのSEOキーワードの入れ方4つ

ブログのSEOキーワードの入れ方ブログのノウハウ
PR

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

このブログでは、アフィリエイトブログのコツを解説しています。

効果的にキーワードを配置したいです。
SEO的に最適な方法を教えてください

以上のような、アフィリエイトブログに関する質問にお答えします。

このアフィリエイトブログはただいまコツコツと更新している最中です。
アフィリエイト収入は後にご紹介できればと思っています!

アフィリエイトブログで記事を書いていく時に、必要不可欠の技術である「SEOキーワードの入れ方」を初心者の方にもわかりやすく解説しています。

基本中の基本ですが、記事内に適切にキーワードを配置することでブログのSEO評価が上がります。

「キーワードをきちんと配置して検索順位を上げたい…」という人向けに、簡単に実践できる4つの方法をまとめました。ぜひ参考にして実践してみてください。

PR

SEOキーワードの配置の仕方でブログの評価が変わる

SEOキーワードの入れ方で評価が変わる

ブログのSEOでは、キーワードの入れ方で評価が大きく変わります。

適切な方法でキーワードを配置した場合、下記のようにGoogleと読者の両方にそれぞれにメリットがあります。

Google記事の内容が伝わりやすい
読者記事が読みやすくなる

キーワードを適切にブログに配置することは、SEO上重要な要素であることは明らかです。


詳しく説明していきます!是非参考にしてみてください。

SEOキーワードの基本的な4つの配置場所

SEOキーワードの入れ方4つ

ブログでキーワードを配置する場所は、下記の4か所が基本中の基本です。

詳しく解説します。

1. タイトル

まず、「記事タイトル」にSEOキーワードを入れます。

配置方法の基本ですが、下記2点に注意すると効果的です。

  1. キーワードは前半に入れる
  2. 長さは30文字程度

このようにすることで、読者の目に留まりやすいキーワードの配置を意識します。

例えば、

キーワード:「ブログ アクセス数」

の場合、

タイトル:ブログのアクセス数を伸ばすには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】

というように、左にキーワードを集めて30文字前後でタイトルを考えます。

効果的な記事タイトルの作り方は下記の記事にまとめています。是非参考にしてください。

2. メタディスクリプション

次に、「メタディスクリプション」にSEOキーワードを入れます。

メタディスクリプションとは、Googleの検索結果画面でページタイトルの下に表示される説明文のことです。

Google検索では、メタディスクリプション内のSEOキーワードが太字で強調されるため、読者に記事の内容をアピールすることができます。

  1. キーワードを2~3回入れる
  2. 記事の要約を70文字程度でまとめる

メタディスクリプションでは、

のように、キーワードを入れつつ読者がクリックしたくなる内容にまとめましょう。

例えば、

キーワード:「ブログ アクセス数」

の場合、

メタディスクリプション:ブログのアクセス数を増やす9個の方法を解説しました。ブログ初心者の方でも実践できる内容なので、今すぐ取り組んでSEO集客を成功させましょう!

のようになります・

メタディスクリプションの効果的な書き方は、以下の記事で詳しくまとめています。こちらも是非参考にしてみてください。

3. H2見出し

続いて、「H2見出し」にSEOキーワードを入れましょう。

H2見出しでは、

  1. キーワードをバランスよく入れる
  2. 読者の読みやすさを優先する

というように、違和感が出ないようにすべてのH2見出しにキーワードを入れてください。

具体的に「ブログ アクセスアップ」の記事では、

のように読者の読みやすさを優先しつつ、適度にキーワードを入れます。

ちなみに、見出しを統一する書き方ですが、一見キーワードをたくさん配置できるので効果的に見えます。しかし、読者が情報を探しづらくなってしまうので、避けたほうが良いでしょう。

また、H3以下の見出しではキーワードを意識する必要はありません。

4. 本文

最後に、本文にSEOキーワードを入れます。

本文では、

  1. 自然にキーワードを入れる
  2. 共起語も意識する

というように、無理のない範囲でキーワードを使いましょう。(※H2見出しに沿って記事を書いていけば、自然とキーワードが入ります。)

ちなみに「共起語」とはキーワードと一緒に使われることの多い単語です。

共起語検索を使って調べると、

キーワードブログ アクセスアップ
共起語記事集客、デザイン、方法、スマホ、情報、アフィリエイト、設定

といった単語が共に使われやすいことがわかります。

共起語は「記事に入っていれば読者が理解しやすくなる単語」くらいの認識で、さらっと使えると記事の内容を自然に膨らませることができます。

以上が、SEOキーワードの入れ方4つです。

SEOで最適なキーワード数とは?

理想的なSEOキーワードの出現率は、2~5%が目安と言われています。

気になる方はァンキーレイティングで調べてみてください。

ファンキーレイティング

記事URLと狙うキーワードを入力すると、それぞれのキーワードの出現率が簡単にわかる便利なサイトです。

SEOキーワードはついたくさん配置したくなってしまいますが、無理に入れ込みすぎると記事自体が読みづらくなってしまします。そうなると本末転倒になってしまいますので、違和感のない量に抑えましょう。

続いて、SEOキーワードを探す手順を解説します。

ブログに配置する「SEOキーワード」を探す手順3つ

ブログに入れるSEOキーワードを探す手順3つ

SEOキーワードの探し方の手順を紹介します。

1. ブログのテーマを決める

まず、ブログを書く前に「発信するテーマ」を決定する必要があります。

テーマが決まると、自然とSEOキーワードが見えてきます。

  • ブログについて発信するなら「ブログ」
  • プログラミングについて発信するなら「プログラミング」

このように、テーマとキーワードには密接な関係があります。

稼げるテーマの決め方は下記の記事で解説しています。是非参考にして見てください。

2. 関連キーワードを洗い出す

次に、「関連キーワード」を洗い出しましょう。

自分で考えてももちろん良いですが、ツールを使うととても広範囲に関連キーワードを探し出すことができます。キーワードを選ぶときは、ラッコキーワードを使うのがおすすめです。

調べたいキーワードを検索すると、読者のニーズが手に取るようにわかります。記事で取り上げるSEOキーワードが増えるので、ボリュームを持ったブログを作成することができます。

ラッコキーワードの詳しい使い方は、以下の記事をご覧ください。

3. 検索ボリュームを調べる

最後に、ラッコキーワードで取得したSEOキーワードの検索ボリュームを調べます。

そして、ここではGoogle広告のキーワードプランナーを利用します。

SEOキーワードのデータ一覧を作成できるので、詳しいキーワード選定方法については、以下の記事をご覧ください。

このようにして、ブログに配置するSEOキーワードを探すことができます。

最後に「初心者が狙うべきSEOキーワード」について解説します。

初心者が狙うべきSEOキーワード4選

初心者が狙うべきSEOキーワード4選

最後に、ブログ初心者が狙うべきSEOキーワードの見つけ方をまとめました。すぐに取り入れることができる方法ですので是非参考にしてみてください。

1. ロングテールキーワード

ブログ初心者の方は、ロングテールキーワードで記事を書きましょう。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、3語~4語の複数のキーワードを組み合わせた形で構成された、検索ボリュームが比較的少ないキーワードです。

  • 検索ボリュームが少ないため競合が少なく上位表示されやすい
  • 読者の悩みが明確になり記事を書きやすい

といった特徴があります。

ロングテールキーワードでアクセスを集め、内部リンクなどで読んでもらいたい記事に誘導しましょう。

2. 検索ボリューム100~500

初心者が狙うべきSEOキーワードは、検索ボリューム100~500が最適です。

検索ボリューム:100未満1位になってもそこまで読まれない
検索ボリューム:500以上競合サイトが多くて上位表示できない

というように、検索ボリュームによって競合サイト数とのバランスを見る必要があります。

数字はあくまで目安ですが、競合サイト数に気をつけながらを、難易度の低いSEOキーワードを狙うことが大切です。

3. 競合が少ないキーワード

SEOキーワードは競合が少ないものを選ぶのが基本的な戦略になります。

例えば「クレジットカード」というキーワードでは、

  • 企業サイト
  • 古参アフィリエイターのブログ

ばかりが上位表示されています。

この場合、初心者が今から参入しても全く勝負になりません。競合が強いジャンルでの発信は避けてブルーオーシャンで稼ぐ方法を模索することが効率のよい方法と言えるでしょう。

4. YMYLを避ける

YMYLに関係するSEOキーワードでは、ブログを書かないようにしましょう。

現在、YMYLジャンルでは検索上位を狙うことはほぼ不可能となっています。

※YMYL(Your Money Your Life)とは、お金や健康など、人生に大きな影響を持つジャンルのこと。

具体的には、金融や投資・病気の治療法などについては、公的機関や病院などの情報が優先されます。

こうした領域では個人ブログを伸ばせないので、YMYLに該当しそうなSEOキーワードでの発信はおすすめできません。

以上が、初心者が狙うべきSEOキーワード4選です。

SEOキーワードの入れ方でページ評価は改善する

SEOキーワードの入れ方でページ評価は改善する

この記事では、SEOキーワードの入れ方について解説しました。

ブログにSEOキーワードを適切に配置すると、

  • Googleに評価されやすくなる
  • 読者が記事を読みやすくなる

といった大きなメリットがあります。

キーワードの探し方は下記の3つの手順を参考にしてください。

そいて探したキーワードは、この4つ場所に適切に配置しましょう。

ブログ検索順位を伸ばすSEOノウハウは、以下の記事でも解説していますので是非ご覧いただければと思います。

コメント